読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンド系女子の奇妙な冒険 ❶五反田アルカサール牧場でがっつりステーキ

たんぱく質

こんにちは、胃下垂系女子です。2月に入り、寒さでノックダウン寸前なこの頃。はやくスプリングハズカム...!

 

寒いとき、力の出ないときは、肉肉しい肉を食べて意識的に元気になるしかないと思っています。人間のエネルギー源、たんぱく質だから。ミートが私を呼んでいる。そう。ガールミーツミート!ファイヤ〜〜〜!(謎のテンション)

 

いまは五反田エリアで働いているのですが、肉激戦区といっても過言ではないほど肉肉しいお店が軒を連ねています。ミート矢澤に、リベラに、いきなりステーキもあるし、銭場精肉点、うしごろバンビーナもあるし、モンスターグリルもある。魅惑の肉ラインナップ。

 

今回は五反田アルカサール牧場のステーキを食べに行きました。週末前の金曜に食べるというだけでテンション上がってしまうのは私だけ...?

 

retty.me

 

ランチステーキ 150g 1480円。ライス付き。

f:id:macalonim:20170204163840p:plain

 

いやはや、いやはや。こういうの待ってたよ!とわくわくするペロンとした一枚肉。

厚すぎず薄すぎず硬すぎず柔らかすぎず。割とベーシックな一枚肉。

 

ファッションコーディネート風にレポすると、「みてください、このシンプルなシルエット。薄すぎず厚すぎないアンニュイなバランスを維持することで生まれるこなれ感。今季のステーキのトレンドは「薄すぎず厚すぎない」このキーワードが非常にマストハブです!」という感じでしょうか!!

 

ラテン系のおばちゃんがソースはかけずにつけて食べてみてねとアドバイスをくださったので、その通りに。ソースはさらっとしていて、こってりしていないので肉の旨みを消しません。こってり好きな人には物足りないかも。あくまでもソースは脇役に徹して肉を感じて!という雰囲気を受け止めました。 ソース抜きで塩とバターのシンプルな構成だけでも黙々と食べられる勢い。あとはお肉の柔らかさ重視なら、特選リブロースの方をオススメします。

 

ステーキにお約束の厚切りフライドポテトとミックスグリルもついています。ライスはゴマのふりかけを勧められたのでかけてみたけど、これも美味しい。ゴマが香ばしいのでお肉なくなってもご飯だけでももりもり食べられます。

 

ラテン系のおばちゃんと、日本のおばちゃんがランチタイムに対応してくれたのですが、このお二人がとにかく親切&元気でなんだかワクワクする。愛のある店員さんが働いているお店が大好きなのでそれだけでもうグッときてしまいます。ランチタイムはサラリーマン、 OLをはじめ、老夫婦もいたので幅広い年齢層に支持されている印象をうけました。お店は地下にあるのだけど、広いし、老舗感があって落ち着く。ランチにもらえる補助券を10枚集めると、夜に来店したときにハンバーグが無料で食べられるのだとか。何故か昔好きだったミスタードーナッツのスクラッチカードを思い出してしんみり。

 

帰り道は堂々と肉肉しい香りをふりまきながら会社に戻りましたが、やっぱり肉肉しいお店で食べると全身が肉肉しい香りにつつまれるので、大事な予定を控えているときは避けたほうがよさそう。やっぱりお肉を食べると元気が出るよ!

 

まだまだお肉を巡る冒険は続きそうです。次はリベラいってみたいな〜。