読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち帰るまでの空気感に耐えられば勝ち!串カツ田中のテイクアウトに挑戦。

秋を通り越してもはや冬なのでは...と感じてしまうこの頃ですね。

 

ティム・クック氏が極秘来日したニュースを見てから急激にiPhone7が欲しくなり、3年越しにスマートフォンを買い換える決意をして、Apple storeに出向いたら事前にwebで予約してからではないと店頭受け取りができないことを告げられ、自分の情弱さとApple storeの店員さんの塩対応と、ペンパイナッポーアッポーペンの曲が頭の中で鳴り響き、しょぼしょぼと帰宅することになった帰り道。

 

一括で買うためにATMで引き出したおろしたての10万円を鞄の中に包入れた緊張感を持って直営店に向かったのに、買えなかった...。買えなかったよ...。

 

youtube動画再生数が世界ナンバーワンになったピコ太郎のペンパイナッポーアッポーペンの軽快なリズムとは裏腹に、私の心はしぼんでいました...。

 

アイドントハブハ ペンパイナッポーアッポーペン 

バット アイ ウォント モア アップルペーイ 的な...。

 

そんな気持ちを吹き飛ばすには、そう。美味しい串カツしかありません!

串カツといえば、私の中では串カツ田中一択。

チェーン店だけど、どの店舗もだいたい美味しい。

 

しかし金曜に予定もなく、突発的に誰かを誘うような気力もない女子にとって、金曜のいたるところに人が溢れて賑やかしい串カツ田中に一人酒のおつまみに串カツを頬張り続けるのはけっこうなハードルです。わいわいわいわいと人が溢れて胃の中にビールが延々と流し込まれ続ける人たちのすぐそばのカウンターで一人で串カツを頬張るなんて...。自意識過剰もいいとこだけど、串カツ田中のカウンターは店舗によっては1人でいると公開処刑になる場所に設置されていたりもするので、なかなか勇気が出ません。(何回か入ったことはあるけれど)

 

さらに今日はフォーマルチックな黒ワンピースを着込んできてしまったし、Applestoreにはふられてしまったこともあって周りの目を気にしないぐらいのメンタルは残っていませんでした。

 

でもやっぱり!串カツをあきらめきれない!金曜だし、美味しいものが食べたい!

そんな気持ちを後押ししてくれるのが、串カツ田中のテイクアウト。

テイクアウトして自宅で食べよう作戦です。

 

【注意】実施している店舗とそうではない店舗もあるようなので、気になる方は事前にチェックしておきましょう!(※私が行ったお店は自由が丘店です)

 

家から歩いていける距離に串カツ田中があるので、買って帰ることにしました。

 

テイクアウトなんだからずっと店内にいることはないし大丈夫!と思って店内に入るけれど、やっぱりなんだろう、串カツ田中に一人で入るってなんか異様にハードル高いなと感じました。店員さんもいらっしゃーいと出迎えはくれるけど、心の中で「ひとり...?」と思っていることでしょう...一周巡ってそんな自意識もかき消え、にっこり笑顔で「テイクアウトお願いしたいんです」と伝えました。

 

元気印な店員さんがテイクアウト用のオーダー用紙を持ってきてくれ、その紙に欲しい串と本数を書きます。好きな串だけを10本頼んだっていい。選び放題です。

 

7本ぐらい頼んで1000円ちょっと。

飲み物もオーダーなしなので、お店で飲むより破格です。

 

テイクアウトのいいところ

・さくっと頼めるので手土産にも最適(土日など)

・串バランスが偏ったとしても、お店で頼む時より恥ずかしくない

(たまねぎの串を延々とオーダーしつづけて、どんだけたまねぎ好きなんかい!と思われることもありません)

・家で録画しておいた好きな番組を見ながら美味しい串カツが食べられます

 

なんといっても!テイクアウトの最大のよさは

「ソースの二度づけが...禁止じゃない!むしろ二度づけも三度づけも、よよよよ四度づけだってできちゃう」ところではないでしょうか〜〜

 

テイクアウト用の秘伝のソースをつけてくれるので、ああ、もう少しソースつけられれば...とほのかな哀しさを抱えながら食べ終えることもありません。あとなぜか店舗によってはソースの味が薄いときがあるのですが、テイクアウト用のは濃いめだよ。

 

テイクアウトのは弱点

・オーダー内容によっては時間がかかる

・一人でテイクアウトする場合は持ち帰りまでの空気感に耐えられるかどうか

 

持ち帰る串の本数が多い場合はすぐに出来上がらないときもあるようです。

その場合はできあがったら電話してくれるので、取りに行くこともできるらしい。

私は帰り道の途中だったこともあり、その場で待ちました。

 

一人でテイクアウトを待ち続けているときの空気感。ここに耐えられば勝ちです。今週もおつかれさまでした的なわいわい賑やかな笑い声、学生たちが顔を赤らめて合コンのような歓迎会をしているそばで、串カツができあがるのを待ち続けるこの空気感に耐えられるか否か!そうとうなメンタルレベルが必要な気がしました。も、もうすぐ帰るんだから!...とはいえ、できあがるのを待ってる間の緊張感たるや...! 自意識過剰すぎ!と思いつつも、1人でスマートフォンをいじりながら待ち続ける女子の姿はやはり目立つらしく、聞こえないふりをしても目線があう...あう...oh...

 

意識が遠のきそうになった頃合いに、串カツがサーブされました。ああ、やっと手に入った〜〜!!iPhone7じゃないけど、串カツだけど〜〜!!

 

(勝手に)マイベスト串カツ田中 を載せておきますので、

メニューで悩んだときはぜひチョイスしてみてくださいねっ。

 

・紅しょうが(マイベスト串カツジーニアス)

・豚しそ

・トマト

・たまねぎ

 

紅しょうが、は好みが分かれると思いますが、レモンサワーハイボールに合わせるとかなり美味しいと思います...見た目のフォルムがセクシーでフォトジェニックさも素晴らしいですが、一口食べた後の衣の内側からまぶしいぐらいにぎらめく朱色のビビッドかつセクシーな色気感。紅しょうがのように内側からのほのかな色気をまといたいものですな...。

 

そんなこんなで、私は録画していた「逃げるは恥だが役に立つ」を観ながら、星野源とガッキーmeets幸せの串カツタイムを堪能いたしました。iPhone7が買えなった悲しみなんて、たんぱく質のおかげですっかり忘れちまったぜ✴︎

 

みなさん、よい週末をお過ごしくださいませ!